人気ブログランキング |
<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”
SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_1529365.jpg
 © Pâtissière Yuka 

以前の記事
sugahara さんのガラスたちの
自己流の楽しみ方をご紹介してみましたが

ブログをご覧くださっている方から
「真似して楽しんでみます~♪」と
多くのの反響をいただき
とても嬉しいです♪

それでは、調子に乗らせていただきまして
(笑 なんちゃって)

「カルマ」 フラワーべース
さらなる自己流アレンジ術を
ご紹介しますね♪

SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15332095.jpg


前回のレッスンでは
透明のアメでデコレーションしましたが

今度は「ブラック」に着色してデコレーションしてみました。

デザインも、アーティスティックに
ランダムにラフなデザインに。


SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15363022.jpg


試験管に入れた花を差したり・・・

SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15374874.jpg


キャンドルと組み合わせて
キャンドルスタンドにしても素敵でしょう~♪





SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15382168.jpg


今度は、色を変えて♪
がらっと印象も変わるでしょう~♪

ピンクとブルーにアメを着色して施し
さらに、
水の色も、同系色に着色したら

(お花用の着色液を使用。花材やさんに売っていますよ。)

こんなに、ポップで華やかな感じに♪

SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15455254.jpg


SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_15461022.jpg


芍薬の美しい季節ですね。
我が家では、毎シーズンきらさず飾り
旬の美しさを愛でております。





ちなみに、参考に、本来のお姿は
以下の通りです。
(画像はsugaharaオンラインショップよりお借りしました)

SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_17421821.jpg

フラワーベース カルマ M

SGHR フラワーベース “ わたしの使い方♪ ”_c0138180_17423255.jpg

フラワーベース カルマS



また、素敵な活用術を思いついたら
レッスンやブログで
ご紹介しますね。



by yuka_yamaji | 2014-05-21 15:50 | Journal 日記
「truffe Blanche」
「truffe Blanche」_c0138180_236355.jpg
© Pâtissière Yuka 

中国茶の世界から
インスピレーションを受けて

なんとも、自分らしいと思える
お菓子が完成しました。


全ての素材のテーマは
「白」。

ジャスミンの花の「白」・・
ライチの「白」・・
ココナツの「白」・・
生クリームの「白」・・
ホワイトチョコレートの「白」・・。


全て
「白」の素材で完成させました。

(paassage53の「白の一皿」みたい♪)

今回の中国茶をいろいろと飲んでいると
なんだか、いつも
「白」のイメージが
ふんわりと頭に浮かんできたんです。

きっと、どのお茶からも
白い花のような、ライチのような、ココナツのような・・

そんな香りや甘さを
余韻で感じたからかもしれません。

一見すると、
中国菓子にありがちな、おだんご風?(笑)

いやん、
せめて、白トリュフみたいといって欲しい~。(笑)

あえて、何も飾り付けや
奇をてらった形づくりをしませんでした。

「truffe Blanche」_c0138180_23135466.jpg


「truffe Blanche」_c0138180_23141358.jpg


ひとくち、召し上がっていただくと、
みんな、
「?」
きょとんと目を丸くする~♪

そうそう、このガナッシュのやわらかさ、
びっくりした~?

ぎりぎりの固さに、絶妙に調整しているので
口に入れるとリキッドのように。

ガナッシュのようで、ガナッシュではないのだ。

そして、見た目は真っ白なのに、
口に含むと
ふんわり~と中国茶のお味が
口中にひろがる・・

ライチの味とからまって
口の中でとたんに立体感~

と・・いろいろと
サプライズが隠されたトリュフなのです♪

この柔らか&びっくり食感にするために、

またしても、私のお得意の
従来の既成概念を覆す
掟やぶりな、おもしろい配合で
ガナッシュを作っているの♪

オリジナルのお菓子を考えていて
すぐに、ぴたっと上手くいくことは

実は、あまりないのだけれど、

今回は、気持ちの良いくらい
10回位の試作で
ぴたっと味が決まってくれた!

(いやいや、まだまだ進化しちゃうかもだけど)

そして、このやわらかいガナッシュを
形成するときは
まるで、ワラビ餅の形成のごとく。

こんなところで、
和菓子の勉強が役に立つとはっ。

何でも勉強しておくものですねぇ。

これをきっかけに、
さらに様々なアイデアが
すでに浮かんでいます。

完成したら、生徒のみなさま、
また、お味見してね☆




by yuka_yamaji | 2014-05-16 07:11 | レッスンレポ
2014 "Madame Jasmine" レッスン・レポ ~中国茶編~
2014 \"Madame Jasmine\" レッスン・レポ ~中国茶編~_c0138180_22194815.jpg
 © Pâtissière Yuka 


新作お菓子の、その前に。
中国茶のお話を。


今回のレッスンでは、
「マダム・ジャスミン」に合わせて
まずは、ジャスミン茶を。

2014 \"Madame Jasmine\" レッスン・レポ ~中国茶編~_c0138180_22233091.jpg


ジャスミン茶はどのような工程で作られるのか?
その、クオリティの違いは?
蓋碗での、お茶の頂き方のマナーは?
などなどなど・・・・

プチ知識も
ちょっぴり添えて♪


2014 \"Madame Jasmine\" レッスン・レポ ~中国茶編~_c0138180_22235491.jpg


他にも、
白茶・青茶など
お菓子に合わせて
全4種類の中国茶を楽しみました。


フランスでの中国茶事情についても
お話しました。

そう、意外なあの場所で
高品質の中国茶がいただけるのですよ~♪




私同様、
きっと、皆さんにとっても、

なにやら難しい印象で
少々、とっつきにくい印象を抱きがちな
中国茶の世界。

こうして、実際に
お菓子と共に楽しんでみることで

素晴らしい中国茶の世界を
皆さんの生活に
取り入れ楽しんでいただける
きっかけになれたら
嬉しいなと思います。

良い中国茶葉は
ワインのごとく。

舌の上で、さまざまに味わいが変化し
余韻の香りも移り変わってゆく。。

私は、
そんな、中国茶の奥深さが
ワインのようで
とてもとても興味深く

これからも、ずっと時間をかけて、
学んでゆきたい分野のひとつなのです。

また、機会があれば
私のお菓子と共に
おすすめの中国茶を楽しみましょうね。


by yuka_yamaji | 2014-05-16 06:11 | レッスンレポ
2014"Madame Jasmin" レッスン・レポ ~ガトー編~
2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21293913.jpg
 © Pâtissière Yuka 


私のオリジナルの
スペシャリテのひとつが

今回レッスンでご紹介した
「マダム・ジャスミン」です。

2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_22122012.jpg


このお菓子、実は主役は・・

さりげなく、控えめに、
一番底にひいてある生地
「パン・ド・ジェンヌ」なの♪

パン・ド・ジェンヌとは、
”フランス版 カステラ”のようなもの。

2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21484351.jpg



フランスでは、どのパティスリーでも目にする
定番のお菓子。

でもね、
こんな素朴なお菓子ほど、
奥が深く
一筋縄ではいかないのです・・。

フランスのあらゆる学校で・・
修行先の名店で・・
製菓本で・・

レシピはたくさん集まるけれど・・

私の中で、納得する
「これだっっ!!」
という味と食感には
なかなか到達せず・・・

何年も試行錯誤を
くり返してきました。

やっと、フランスで
「オリジナル・レシピ、完成した!!」と思ったら、

日本では、その材料が入手不可だったりで・・。

なかなか皆様にご紹介できる
機会に恵まれませんでした。

それが、遂に
全ての条件が揃い、

私の中で、
「これ以上ないっ~♪」と
思えるほどのお味が完成し
ご紹介できるようになったのです♪♪

芳醇なアーモンドのお味と香りは
たっぷり、しっかり。

口溶けは、
とろけるように、しっとり、ふんわり。

そんなパン・ド・ジェンヌを目指しました。

2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21492111.jpg


その後、さらに応用をきかせ

「このパン・ド・ジェンヌを主役に、
私らしいフランス菓子に仕立てるとしたら、
どういうお菓子になるだろう??」と、

さまざまに発想を転換させて、
あれこれと思い描き
試行錯誤して・・・

そうして、めでたく、
「マダム・ジャスミン」が完成したのでした。

そんな、誕生ストーリーと共に

家庭のキッチンで
日本で手に入る材料で

特別なお味を作り上げるコツを
ご紹介させていただきました。

「まずは、パン・ド・ジェンヌから復習します♪」
のお声も多く
とても嬉しいです!!

(すでに復習しました~写真も到着してます~!
すごい~みんな、花◎よ~~~!)



2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21502329.jpg


そして、おまけのお菓子のひとつは、
「杏仁豆腐」。

もちろん「杏仁豆腐の素 杏仁霜」などで
作ったのでは、ありませぬ~。

2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21512957.jpg


味わいや香りの違う
「南杏」と「北杏」の2種類を
ブレンドさせて作る
本格的な作り方で。

私好みのオリジナルの配合に
調整して仕上げた

とろ~り濃厚な
贅沢 杏仁豆腐です。

やはり、味わいの奥深さは
生の杏の種を使って作ると
全く違います。


2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21531680.jpg




2014\"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~ガトー編~_c0138180_21533869.jpg


こんなお菓子も
おまけでプレゼント♪


そして
今回のレッスンでは、

かなり高品質の中国茶を
皆さんと楽しめたお陰で

中国茶の味わいからインスピレーションを得て
今年一番(!?)のお気に入りの
新作お菓子が完成したの♪

ふふふ~~~嬉しい~~~♪♪

自分が納得できる、
自分らしいお菓子が完成したときが

生きていて、一番、喜びを感じますっっ!

そのお菓子は・・・次回に続く~☆



by yuka_yamaji | 2014-05-16 06:06 | レッスンレポ
2014 "Madame Jasmin" レッスン・レポ ~テーブル編2~
2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17202982.jpg
© Pâtissière Yuka 


ん?
sugahara さんの、新作の花器?

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17213780.jpg
2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17215225.jpg


お?
sugahara さんの、新作のケーキカバー?

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_1735193.jpg


あれ?
sugahara さんの、新作グラス?


・・・・・・・・・・・いえいえ、違うんです。

このところ続いている
”マイ・ブーム”のアメ細工。

sugahara さんの
お気に入りの花器やグラスに
アメ細工を施してみたんです♪


すると・・まるで新作のように☆

またしても、新たな使い方を
思いついちゃいました♪

この方法で、
テーブルイメージや、
お料理やお菓子やお花に合わせて

いろんな色で
いろんなデザインで

自在に自分テイストにカスタマイズして
遊んでいます♪

別バージョンも、追ってブログでご紹介しますね。




今回のレッスン・テーブルには、
「ガラス」の器や花器を多く使用したので

ガラス特有の
透明感のあるキラキラにリンクさせて
より一体感を持って引き立てるような・・・

オリジナルのひと手間を加えて
おめかししてみましたよ。


毎回、毎回、
新しい食器をご紹介するのも
もちろん良いけれど

お気に入りで大事にしている
テーブルウエアを
何通りにも楽しめるようなアイデアを
色々と、ご紹介したいなぁ・・・


しかも、どこにも売っていないような
オリジナリティーのある使い方がないかしら・・・

そんなことを
いつも、いつも
考えています。


2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17395525.jpg


今回のアイデアは、
ノエルのテーブル
オリジナルのアメ細工のツリーを作った時に↑

「アメ細工とガラス細工って、すっごく似てる!!」
と思ったのが、ヒントに。


そこで、ガラス細工のように
ガラスの器にアメを施すことで、

いかようにも好きなデザインを
作り出せるのではないかしら?と。

しかも、使用後には
お湯に流せば
元通り♪ チャンチャン

アイデアは無限に広がり
いくらでも、いろんなデザインを作り出せます。

ちなみに、本来のお姿は
以下の通りです。
(画像はsugaharaオンラインショップよりお借りしました)

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17421821.jpg

フラワーベース カルマ M

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17423255.jpg

フラワーベース カルマS
2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_1743151.jpg

グラス リラックス M

アメ細工は、ちょっぴりコツがいるけれど、
何度も何度も練習したので、
ちょっぴり職人技が身についたような。

(今度、生まれかわった時は、ガラス職人を目指しますっっ)

かなり高温になるので、
ヤケドには注意ですが、
全然、難しくはないのですよ。

ご希望の生徒様は、
変身希望の器を持参で
レッスンにお越し下さいませ♪

10分もあれば、仕上げます。


ちなみに、こちらの「カルマ」は
去年の新作発表会で
一目惚れでお持ち帰りしたもの♪

ちょうど1年前の2013年5月のレッスンで、
こんな風に使いましたよ。

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17531737.jpg


2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17541663.jpg


2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_17543842.jpg


この時に
ご紹介したお菓子は

レモンを使った爽やかなお菓子だったので、

花器の足の部分に
レモンやライムのスライスを貼りつけ

花の保水ジェリーで満たして固定し

シトラスのジューシー感を演出しました。

(ほんと、いつも、素直に普通に使わず、すみません;;)







sugaharaさんの器つながりで思い出したので
過去のレッスンでご紹介した使用例を
合わせてご紹介しますね♪

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_1758485.jpg


写真では、わかりにくいかな?

こちらも、本来の姿は以下の通りです。

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_1812766.jpg


3D 立体皿 M

こちらの3Dグラスの底の部分に
インスタントのパウダー・スノー(雪)を
たっぷりとしきつめると・・・

あら、不思議~♪
七色に光る、まるでスワロフスキーのような
美しいキャンドル・スタンドに♪

本来、料理などを入れるくぼみの部分に
LEDのキャンドルをしのばせ
上部にオーナメントや木の葉などを乗せて。

熱くならないLEDのキャンドルを使用すれば、
上部に何を置いても大丈夫♪



2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_1826156.jpg



また、こんな使い方も楽しみましたよ。↑

先も登場しました
グラス リラックス M」を

斜めにかたむけて、使用しました。

2014 \"Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編2~_c0138180_18263551.jpg


グラスの中に
クリスタル・シュガーを入れて
サブレを差してプレゼンテーション。

こんな使い方のあれこれは、
去年のノエルのレッスンの際に
ご紹介しました。

いろいろなアイデアで
お気に入りの器たちを
いつまでも、可愛がりたいな♪
と思っています。

皆様の参考になると
嬉しいです。

はい、
では、やっと次に
主役の「ガトー偏」に続きます。。


by yuka_yamaji | 2014-05-15 18:44 | レッスンレポ
2014 “Madame Jasmin" レッスン・レポ ~テーブル編 1~
2014 “Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編 1~_c0138180_158016.jpg
© Pâtissière Yuka 

「マダム・ジャスミン」レッスンが
全クラス 終了しました♪

今回のテーブルのテーマは
「モダン・シノワ」。

黒×シルバーグレーを基調に

挿し色は、「マダム・ジャスミン」の
杏(あんず)の色に合わせて

オレンジの蘭、“モカラ”をたっぷりと。

レッスンでは、まず、
毎回変わるテーブル・コーディネートの
ご説明から始まります。

前回のレッスンは、
フレンチ・テイストのエレガント・スタイルだったので

今回のレッスンでは、
がらっと変わって、
モダン・スタイルで。

5年前のテーブルとも、
全く違いますね~~。

どんどん、アイデア沸いてくる==(笑)
進化できているかなぁ。。



毎回、
主役であるお菓子のイメージに合わせて

調和がとれ、
かつ、オリジナリティーのあるテーブルを構築する

私なりのコツやアイデアをあれこれと・・

資材の入手先などと共に
ご紹介しています。



2014 “Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編 1~_c0138180_15104798.jpg


2014 “Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編 1~_c0138180_15105427.jpg


2014 “Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編 1~_c0138180_15112830.jpg


2014 “Madame Jasmin\" レッスン・レポ ~テーブル編 1~_c0138180_15114454.jpg


お気に入りの中国茶器の「蓋碗(がいわん)」は
2~3年前の香港旅行で揃えた

「ペニンシュラ香港」のもの。

去年の夏に
全ての国のペニンシュラで
色もデザインもリニューアルされてしまい・・
このデザインは、今では、幻に・・
(涙・・もっと揃えておけばよかった・・)

わずかなから、
日本でも入手できる購入先もありましたので
レッスンにてご紹介しました。



また、レッスンで使用した
黒とシルバーのプレートも人気者に♪

ご注文の生徒様方、
約 40% も値引きしてくれましたよ~♪

詳細、個別にメール差し上げますね。
次回のレッスンでお渡しする予定です。

*「やっぱり、欲しい。」or 「もっと追加したいかも。」という方は、
5月20日(火)までにメール下さいね♪



そして、そして。

今回のレッスン・テーブルの目玉は・・

大のお気に入りの・・
あのガラスの器たちを・・
私らしいオリジナリティーのある使い方で・・

おめかしをして、皆様をお迎えしました。


次回につづく。。。





by yuka_yamaji | 2014-05-15 16:26 | レッスンレポ



pâtissière-yuka 
ホームページ:
http://www.patissiere-yuka.com

パリ留学ブログ:
こちら

究極菓子作品集ブログ:
こちら

Instagram:
主にインスタやってます♪
 「patissiere_yuka
 follow me ♪
____________


家庭のキッチンで
一流店の味を・・
をコンセプトに

とびきりの
お菓子の
オンラインレッスン
を主宰しています♪
お問い合わせは

contactより
どうぞ♪


________

●当ブログ内の
写真・文章の
無断転載は
ご遠慮下さいね♪

リンクOKです♪
ご自由にどうぞ♪



Copyright©2008-2020
pâtissière yuka.
All Rights Reserved.

 
カテゴリ
レッスンレポ
yukaLABOメーキング
Paris パリ ~お菓子~
paris パリ ~レストラン~
Paris パリ ~パン屋~
Paris パリ ~紅茶~
Paris パリ~テーブル~
Paris パリ~アパルトマン~
paris パリ ~お土産~
paris パリ ~チーズ~
Paris パリ ~バター~
paris パリ ~花~
paris パリ ~食材~
paris パリ ~マルシェ~
paris パリ~習い事~
Delvaux デルボー
Journal 日記
記事ランキング