人気ブログランキング |
<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Leçon de “Nocturne chocolat”
Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_18222457.jpg
 © Pâtissière Yuka 



3月のレッスンは
私のスペシャリテのひとつ
「Nocturne chocolat」
をご紹介しました。

Nocturne(ノクターン/ノクチュルヌ)とは
「夜想曲」のこと。

今から3年前のブログでもちらりとご紹介し

2年前のオートクチュール・ガトーでも
多くの方に可愛がっていただけ

去年の「バレンタイン・レッスン」でもご紹介しました。

リクエストを頂き
再び今月、公開レッスンとしてご紹介させて頂きました。



このお菓子は、
「メゾン・ド・ショコラ」に創業当初からある
ショコラの焼き菓子「pleyel」から
インスパイアされて完成したもの。

詳しい誕生秘話は
2年前に「会員ブログ」の方に掲載をしたのですが・・
この機会に、こちらでも熱く語っちゃいます♪




もう10年近く前になりますが
パリお菓子留学のため
単身パリに渡った若かりし頃。

あらゆる一流のものを見て、食べて
とにかく舌を鍛えようと・・
あらゆる情報を脳裏に叩き込もうと・・

くる日もくる日も
片っ端からお菓子屋さん廻りをしては

写真を撮らせていただいたり(もちろん許可を得て)
カタコトのフランス語でお話をさせて頂いたりしながら

それらの情報を忘れまいと
細かく分析してノートにまとめ・・

そんな毎日を過ごしていました。



もちろん、王道「メゾン・ド・ショコラ」にも
しつこいくらい、通いました。(笑)

そうするうちに
「メゾン・ド・ショコラ」の創業者
ロベール・ランクス氏とお話させていただける機会に恵まれ
(といっても、私の方は赤ちゃんレベルのフランス語でしたが・・)
「pleyel」への想いをお話くださいました。


今では「ショコラといえばパリ」ですが
ほんの少し前までは
パリのショコラのクオリティーは高くなかったそう。

(ランクス氏のおかげでフランスのショコラが
 今ほどの地位を築けたと言われています。

スイスの製菓学校でショコラ製造を学んだランクス氏は
パリに戻り、その後、紆余曲折を経て
なんと、48歳にして
現在の「LA MAISON DU CHOCOLAT」
第1号店を創立されたそうです。

↑こちらの情報は、直接、ランクス氏から伺った内容ではなく
その後、調べて知った情報なので、あえてカッコ内に記載しました。)



クラシック音楽がとってもお好きなランクス氏は
パリの指折りのクラシック・コンサートホール
「salle pleyel」の目の前に
自分の店を創立することを強く望み

その願い叶って
第1号店の「メゾン・ド・ショコラ」は
その場所に創立されたということ。
(今でもその場所にあります。)

その時に作ったお菓子が
大好きなコンサートホールの名前を冠した
この「pleyel」というショコラの焼き菓子だということ。



そんなお話を伺い
私にとって忘れられないお菓子となった
「pleyel」。

そんな愛してやまないこのお菓子を
いつか、自分なりの表現で作りたいと
ずっと思っていました。

最高に自分好みの
お味や食感にすることはもちろんのこと

このお菓子にとって
最も「魅せる」ことができる形や大きさ・・
発送・贈答用にすることを踏まえた
デコレーションに包装・・etc

試行錯誤?の末
(というか私にとっては楽しみながらですが・・)
ようやく2年前に
自分なりに納得のいくものが完成しました。

オリジナルのお菓子には
オリジナルの名前をつけようと考えたとき

「PLEYEL」にインスパイアを受けたお蔭で
完成したということを
敬意をもって、どこかに表したかった。

なので、クラシック音楽に関する名前にしようとは
ずっと考えていましたが

なぜか、いつもこのお菓子を作っている時には
私の頭の中で「ショパンのノクターン」が流れる。

よくよく調べてみたら
ショパンのファーストコンサートは
この「salle pleyel」だったと!!

わ♪偶然♪

ということで、
めでたくこのお菓子には
「Nocturne chocolat」
という名前をつけることができました。






今回のレッスンでは

この「Nocturne chocolat」をお召し上がりいただきながら・・・

ショパンの「Nocturne」を流し・・・

Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_19242396.jpg

そして極めつけは
このお菓子の為にあるのではと思えるほどの好相性のシャンパーニュ
テタンジェの「Nocturne」をお供に。


「Nocturne」尽くしでお楽しみ頂きましたよ。


Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_192411.jpg

私のオリジナルのデコレーション
きらきらショコラ並木のブロンズ色に合わせて

「ブロンズ・ショコラのお立ち台」も作ってみました♪

クリスマスの純白タワー・・
バレンタインのローズショコラのお立ち台に続き・・
第三弾よ~~

Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_19264638.jpg






Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_202425.jpg

そして、もう一品。
シャンパーニュにもビールにも相性抜群
「パルメザンチーズのサブレ」も同時にご紹介しました。

これこそ、手作りだからこそ実現できるお味~!
その意味は、ご参加生徒さんは分かりますね♪

でも作り方は、すごく簡単!
さくさくホロホロにするためは・・
オリジナルの、あの配合がポイントです♪

Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_19301069.jpg


おまけのお菓子はこんなふうに。

2月のレッスンの時
内容はほぼ同じですが

(あ、ヴァニラは、もうひとつのとっておきの産地のものを
ふんだんに使用しました~♪)

やっぱり、テーブルに合わせなくってはね。

今回は、ブロンズ・ショコラのお帽子で
おめかしを♪

Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_19312821.jpg

いちごちゃんの「love♥」見えた?


ご参加の皆様
ありがとうございました。

Leçon de “Nocturne chocolat”_c0138180_19314295.jpg







by yuka_yamaji | 2012-03-28 20:27 | レッスンレポ
バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪
バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_16464376.jpg
 © Pâtissière Yuka 




2月9日(木)から開催していました
バレンタイン・レッスン♪


先日の記事でも
ちらっとご紹介しましたが

「とろけるブラウニー ナッツとフランボワーズ」
オレンジ風味のオリジナル ショコラ・ショー
をご紹介させていただきました。

ブラウニーのプレゼンテーションには
お皿に黒い小石を配し
カラフルなスプーンの上に
2種類のブラウニーをのせてみました。



バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_17161121.jpg

黒ベルベット × アンティークなシャビーシルバーを基調に
真紅をアクセント。


確か2年前のクリスマスも黒ベルベットを使用しました・・。
こんな革素材との組み合わせを
今では皆さんに「でた!yukaスタイル!」と言われてます。笑



バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_16553257.jpg
 

そんなテーブルに合わせて・・・

クリスマスの時は
純白ショコラで手作りしたショコラ・タワーを作成しましたが

第二弾~~♪
今度は、ローズ色のショコラのお立ち台を作成して
ちょっぴりドレスアップ♪


バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_16554731.jpg


中にはLEDライトをしのばせて
ロマンチックに、ほんのりと光がもれるように。

キャンドルと違い
LEDライトは熱くならないので
ショコラも溶けずに安心です。

もちろん、パールもバラの花びらも本物で~す♥

バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_17365990.jpg


レッスン内容ではないですが
おまけ(?)のお菓子には

パリの三ツ星レストランのエピスリーで買い求めた
超超超超~特選 タヒチ・ヴァニラをた~ぷり加えて作った
ホワイトチョコレートのムースをお味見頂きました。

タヒチ・ヴァニラは
パリの様々なホテルのサロンや星付きレストランで
頂いてきましたが
今回ほどの感激の高クオリティーのタヒチ・ヴァニラは
私自身も初めて!大興奮~!!

最高の材料を
生かすも殺すも作り手にかかっていますので・・・
慎重に、素晴らしさを引き出すべくシンプルに。

普通のヴァニラの扱い方とは
違ったある方法で
素材の良さを存分に生かすべく心して作りました。

このお味を
大切な生徒さんたちと共有することができて
とっても嬉しかったです。

旬のイチゴちゃんをたっぷりのせて
グリーンのアイスクリームも添えて
溶けたところをソースのように召し上がっていただきました。

グリーンのアイスクリーム?
さて、なんでしょう??

普通は・・
イチゴには「ピスタチオ」ですね。(笑)

ですが、私は・・
イチゴと「ヴェルヴェンヌ」
を合わせるのが好き♪

「ヴェルヴェンヌの爽やかな青っぽさが
イチゴのヘタに近い部分の味のようで
完熟な部分と合わせると
まるごとイチゴを頬張ったよう・・・」

召し上がって下さった生徒さんが
こんな素敵なコメントをくださいました。嬉しいな=♥

こちらも、テーブルに合わせて
ピンクのいちごちゃん付きの飴細工の
おぼうしをかけて♪




さてさて、このお菓子。
サプライズはこれだけではないんです♪

器を鏡の上に乗せてみると・・・

バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_1745090.jpg


うふ~~見えた?
え??見えない??

バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_17452576.jpg


私からのさりげな~い「愛のメッセージ」が
見えましたか?

器を鏡の上にのせると
器の底に仕込んでおいた
♥のいちごちゃんが
鏡に映って現れる・・・・という仕掛け!!


こんな仕掛けを思いつくことができたのは
この器のおかげ。

もう、こちらもおなじみですね。
こちらの器は私のお気に入り
sugaharaガラスの「3D plate」ですよ♪


お陰様で、今回もサプライズ作戦、大成功~~♥
生徒の皆さん、狂喜乱舞~~♪
よかった~~~♪


バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_17544635.jpg


ご試食の際には
以前もご紹介しました私のお気に入りのひとつ
「アンリ・ジロー」のシャンパーニュと
「ポール・ジロー」のジュ・ド・レザンを。

なぜかジローにジロー~~


バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_18595073.jpg

そして、こちらも私のお教室ではおなじみですね。
十年来、愛用しています
「betjeman&barton」の日本未販売のお紅茶の中から
バレンタインにぴったりのフレーバーを

「オレンジ風味のショコラ・ショー」と共に
ウェルカムドリンクとしてお召し上がり頂きました。

バレンタイン・レッスン 2012 レポ♪_c0138180_1822426.jpg


お土産には
オリジナルのラッピングを施したブラウニーを
ひと箱お持ち帰り~♪

皆さん、素敵なバレンタインになりましたか?

ご参加くださいました生徒の皆様
本当にありがとうございました。



by yuka_yamaji | 2012-03-27 08:34 | レッスンレポ



pâtissière-yuka 
ホームページ:
http://www.patissiere-yuka.com

パリ留学ブログ:
こちら

究極菓子作品集ブログ:
こちら

Instagram:
主にインスタやってます♪
 「patissiere_yuka
 follow me ♪
____________


家庭のキッチンで
一流店の味を・・
をコンセプトに

とびきりの
お菓子の
オンラインレッスン
を主宰しています♪
お問い合わせは

contactより
どうぞ♪


________

●当ブログ内の
写真・文章の
無断転載は
ご遠慮下さいね♪

リンクOKです♪
ご自由にどうぞ♪



Copyright©2008-2020
pâtissière yuka.
All Rights Reserved.

 
カテゴリ
レッスンレポ
yukaLABOメーキング
Paris パリ ~お菓子~
paris パリ ~レストラン~
Paris パリ ~パン屋~
Paris パリ ~紅茶~
Paris パリ~テーブル~
Paris パリ~アパルトマン~
paris パリ ~お土産~
paris パリ ~チーズ~
Paris パリ ~バター~
paris パリ ~花~
paris パリ ~食材~
paris パリ ~マルシェ~
paris パリ~習い事~
Delvaux デルボー
Journal 日記
記事ランキング