カテゴリ:paris パリ ~レストラン~( 10 )
思い出深いレストラン "メゾン・ド・ブリクール"
c0138180_2050777.jpg
 © Pâtissière Yuka 

前回の記事
オリビエ・ロランジェ シェフの
今はなき素晴らしいレストラン
"メゾン・ド・ブリクール"。

2001年に
パリから何時間もかけてお伺いした
思い出の写真です。

c0138180_20585827.jpg

ロランジェさんの生家を
レストランとして開放されたメゾン。


"Une Expression de la Bretagne"
というコースを頂きました。

c0138180_2059298.jpg

↑ レストランのロゴにもなっている、
3種の貝の盛り合わせ。
"岩のり"を添えてあるのが
フランスでは珍しい!

c0138180_2124536.jpg

↑ カンカル産の牡蠣が絶品。
フォアグラと牡蠣の相性の良さは
ここで開眼。

c0138180_2132016.jpg

↑ 黄金に焼いた舌平目。
青っぽい香りのオリーブオイルに
レモンの酸味とスパイスでさっぱりと。

c0138180_2135457.jpg

↑ スペシャリテは
的鯛にカレーなどをミックスしたスパイス
"Retour de Indes"が効いた
カプチーノソース。

こちらのスパイスは
「エピス・ロランジェ」で売っていますよ♪

c0138180_2141138.jpg

↑ 木でいぶし焼きにした仔鳩。
グロゼイユの苦甘いムースと。

c0138180_2142567.jpg

↑ うずらのチーズに
中華せんべいのようなクリスティアン。
北京ダックのソースのような中華風のソースと。

c0138180_21374166.jpg

↑ とってもシンプルながら
三角のガレットのおいしいこと!!

これほどまでに
バターの馥郁とした香りただようガレットは
後にも先にも、こちらのものだけ。

この時は、ボルディエの出来立てバターのみを
使用しているとのことでした。

c0138180_2145267.jpg

↑ エキゾチックな雰囲気の器に
プチフールを。
キャラメルの口溶けのよさに感激。

c0138180_215389.jpg

↑ どこかで見た器ですね?(笑)
こちらの影響をうけて
我が家のファースト・ベルナルド
ルーブルシリーズを揃えました♪

c0138180_2195226.jpg



c0138180_2110177.jpg

↑ 記念に頂いたメニュー。
今も大切に保管しています。

c0138180_21104596.jpg

↑ 星付きレストランでは
記念にメニューを頂けるので
知らない単語や調理法を
家ですぐに調べて
その場で覚える!
を繰り返して勉強していました。

c0138180_21114915.jpg

全ての料理や食材やワイン
プレゼンテーションや食器の使い方 etc..

詳細に記した資料を
毎回作っていました。

我が家には
こんな資料が
山ほどあります。

c0138180_2212236.jpg

c0138180_2212363.jpg

c0138180_2213598.jpg

c0138180_2213151.jpg

c0138180_22133215.jpg

c0138180_22134459.jpg

c0138180_22135895.jpg


ご興味のある方は、
ぜひ、ご覧下さい。
いつでもお見せします。
何かのお役にたてるとよいなぁ。

オリビエ・ロランジェシェフについて
とても素晴らしい記事を見つけました。参考に。

世界最高峰の名誉は棄てた後に価値が分かる

豊かな食文化は地域の発展あってこそ


ロランジェさんは健康上の理由で
過酷な現場のシェフを退き

食に対する熱意は棄てず・・
というより強いからこそ
限界を悟り
自分自身で腕を振るうことよりも
もっと大切なことを悟った。

料理業界、お菓子業界の「現場」は
肉体的、精神的に
ものすごく過酷。

身を削って
人生をかけ、毎日が勝負。

次元は天と地のごとく違いますが

実は、私自身、
2012年に体調を崩してお休みして
翌年、復活することができていましたが

今年に入ってから、またぶりかえし
健康上の理由で
今後のお菓子のお仕事のやり方を
思案しています。

これまでのやり方では、
もうできないかもしれません。

ロランジェ シェフのいう
"一緒に走るのではなく監督する"やり方に変えた・・

自分もやり方を変える時期に来ているのかなぁと
思っています。

これまで13年あまりの間、
私なりに自分の全てをかけてきた
お菓子の世界。

あまりに頑張りすぎて偏ってしまい
反省点も多々。

けれども、
ただのお菓子好きのOLだった私が
誰もができないような貴重な経験を
たくさん、たくさん
させてもらえるチャンスに恵まれたのは
何らかの意味や使命があるのかな・・とか

これまでの半生をふりかえり
いろいろと考える時期を
過ごしています。

今、この状況で
まず私にできることは何だろう?

・・まずは、これまでの経験を
惜しみなく
ブログに綴ろうと考えました。

誰かの幸せのお役にたてますように。

これから時間を見つけて
いっぱい記事を
アップしたいと思います。





[PR]
by yuka_yamaji | 2015-03-28 22:18 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「Le Comptoir 」
c0138180_8482739.jpg
 (画像は、お借りしました。ありがとうございます。)
© Pâtissière Yuka 


パリ滞在中に
必ず行きたくなってしまうレストランのひとつ、
「Le Comptoir (ル・コントワール)」。

こちらは、フランスでは言わずと知れた
人気ビストロ 「レガラード」のシェフ
イヴ・カンドゥボルド シェフが
2005年5月にオープンした
カジュアルなカフェ・レストランです。

オープン以来、
連日、行列の大人気店。

内装は、cafeのようなカジュアルさ。

けれども、5つ星のホテル・クリヨンのセカンド出身の
カンドゥボルド シェフが作るお料理は
とっても繊細で上品。

そして、使用している食材も
星つきレストラン クラスだといわれています。

(ちょっぴりお値段お高め。)

ちなみに
星つきレストラン御用達のお肉屋さん
"ユーゴ・デノワイエ"のお肉を使ったステーキは
こちらでもいただけますよ。
(Faux filet de chez Hugo desnoyer 350g)

c0138180_23232027.jpg

オマールの中でも最高峰
ブルターニュ産 オマール・ブルーの1皿。
甘みとお味の濃厚さに感動。

c0138180_23242928.jpg

cochon de lait (乳のみ仔豚ちゃん)とジロール茸の一皿。
フランスは豚肉が、しっとりしておいしいのです。


c0138180_8523345.jpg

自然派ワインにもこだわりがあるシェフ。
私のお気に入りは
Lapierの"Morgon"。
(軽い赤ワインです。)

以前は
"CERDON"のフルーティーな
demi-secのスパークリング・ロゼワインが常時あって
最高に美味しかったのだけれど・・
あったり、なかったり。

こちらのお店ができたばかりの
2005~2006年は、
まだパリに住んでいたので
本当に頻繁に伺っていたなあ。

ちなみに、ランチは予約制ではないので
がんばって並ぶしかない!のです。

それでも、年中無休なので
お休みのレストランの多い日曜日のランチにもおすすめ。

ランチの営業が開始するが12時からなので
その30分前の11時30分くらいから
又は
最初のお客様が終了される15時あたりからを狙って
がんばって並ぶべし♪

(この時間に並んだからといって、お席の保障はしません♪ 笑)


(ディナーは予約可ですが、常に数ヶ月待ちで
レストランに併設されているホテル宿泊客が優先になるそうなので難関度高し。
日曜のディナーのみ、予約不可、並べば入れることも。)

  


「Le Comptoir 」

9 Carrefour de l'Odeon
75006 paris
tel: 01 43 29 12 05



[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-18 23:35 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「Chez André 」
c0138180_20405064.jpg
 (画像お借りしました)
© Pâtissière Yuka 



私の大好きな老舗レストランをもうひとつ。
「Chez André (シェ・アンドレ)」です。

AV.シャンゼリゼとAV.モンテーニュの近くにあるので、
お買い物ついでのランチやディナーにも◎

年中無休で深夜 1時まで営業・・というのも
旅行者にとって、有難い。


c0138180_20445963.jpg
(画像お借りしました)

1936年創業の
クラッシックなフランスらしい内装に、

日本人が想像する"フランス料理"の
全てがここにあるのでは?
と私は思う。

そして、どれも
とっても美味しい。

c0138180_20465168.jpg
(画像お借りしました)

エスカルゴとか・・

c0138180_20472294.jpg
(画像お借りしました)

オニオン・グラタン・スープとか・・

c0138180_2047417.jpg
(画像お借りしました)

タルタル・ステーキとか・・。


そして、フランス菓子をお勉強している方には
最新のアレンジされたお菓子の、その前に

クラシックな原型のお菓子をぜひ
こんな老舗レストランで
召し上がっていただきたいな・・と思ってしまいます。

c0138180_2048656.jpg
(画像お借りしました)

クリーム・ブリュレとか・・

c0138180_2050728.jpg
(画像お借りしました)

イルフロッタントとか・・

c0138180_2054038.jpg
(画像お借りしました)

ババ・オ・ラムとか・・。



c0138180_2110153.jpg
(写真が携帯のでスミマセン)


今回の旅でのランチには
「新メニューだよ。」とお店の方が教えてくれた
「Hamburger tradition gourmande façon " Chez André"
(シェ・アンドレ特製 ハンバーガー)」をチョイス。

いわゆる、肉汁じゅわ~のパテではなく、
赤身肉をミンチにした
味わい深いお肉を使用。

たまねぎなどのつなぎも一切はいっていない潔さ。

パンはブリオッシュがごとく、ふんわり。

マスタードをたっぷりつけて頂けば
これぞ、パリの贅沢ハンバーガー!!

絶品でした。

(日本人女子なら2人でシェアーが量的に丁度良いかも♪)

c0138180_21233839.jpg

こちらは秋冬の日替わりメニューにしかないけれど、
「ブランケット・ド・ヴォー(子牛のクリームシチュー)」
も絶品なのです!


(注意:メニューは日替わりや季節ごとによく変更されます。)



Chez André

12, rue Marbeuf
75008 Paris
tel:01 47 20 59 57
mail:restaurant@chez-andre.com





[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-18 19:52 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「LIPP」
c0138180_18222171.jpg
 © Pâtissière Yuka 

パリ滞在時、必ず1度は伺いたくなってしまう
大好きなブラッスリー「LIPP」。

1880年に創業の
老舗ブラッスリーです。

c0138180_18322498.jpg


古き良きフランスの食文化が
いつも変わらずそこにあり
皆がそれを受け継ぎ守り続けている・・

ということを肌で感じられる
素晴らしいレストランです。

場所は、「サンジェルマン・デプレ教会」や
有名な「カフェ・ド・フロール」の目の前。

(余談ですが、タクシー乗り場も目の前にあるので、帰りも楽。
パリは、タクシーがなかなか捕まらない!ので有難いの。
そして、「無休」というのも有難い。深夜2時まで営業。)


歴史を感じるクラッシックな内装、
絵に描いたようなギャルソンの姿、
ぎゅうぎゅうと狭苦しい中で、
果てしなくおしゃべりを楽しむフランス人の
喧騒の中でお食事するのも良いですよ。


c0138180_18314276.jpg

おすすめメニューは・・・

c0138180_193190.jpg
前菜にフォアグラのテリーヌ。

こちらのレストランの創業者
「レオナルド・リップ」氏は
アルザスの出身。

よって、お店のスペシャリテは
アルザス地方の名物料理「シュークルート」。

(もちろん、こちらも絶品ですよ!!
ただ、量が多いので2~3人くらいでシェアをお勧めします。)

そして、フォアグラも
アルザス地方の名物料理でもあるので
とっても美味しいのです♪

c0138180_19121129.jpg
c0138180_19122440.jpg

(あまりの興奮に画像ブレブレ。スミマセン。)

そして、フランスといえば
「ステーキ&フリット」。

こちらのお店で使用するお肉は、
星つきレストラン御用達のお肉屋さん
「ユーゴ・デノワイエ」のもの。

カジュアルに星つきレストランのお味が楽しめるというわけです。

添えてある"フリット(フライドポテト)"もただものではないのです。

こんなに香ばしくカリッカリに揚げるには・・・
何か秘密があるのでは?

はい、この秘密、教えていただきました♪♪

来週のデグスタシオンの会にご参加の生徒さま、
LIPPの方法で、我が家で作った
「LIPP風 フレンチフライ」
ご試食くださいね♪

バターたーーっぷりの
ベアルネーズ・ソースも
悶絶の美味しさ。
この際、カロリーの事は忘れましょう。



また、写真はありませんが、
「肉厚サーディン」もお勧め。

シリアルナンバー入りの品質保証がされたサーディン缶を
直接火にかけて熱したものを、そのままテーブルに。

パンやバターと共に頂きます。
これまでのサーディン缶の概念を覆される美味しさですよ。



「Brasserie LIPP」

151 boulevard Saint-Germain
75006 Paris
Tel:01 41 45 48 53 913
11:00 – 2:00
無休



[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-18 19:04 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「Le Richer」とポワソニエール通り
c0138180_17394434.jpg
 © Pâtissière Yuka 

「ミシャラク・テイク・アウェイ」を目指して
ポワソニエール通りをうろうろしている時に
偶然見つけ、入ってみたレストラン。

シェフは
ホテル・リッツのセカンドを務めた方とのこと。
(日本のフィガロにも掲載されたらしい♪)

ランチ時は、お客さんで大賑わいの
大人気のカジュアルなレストランでした。

c0138180_17454964.jpg

普段、お肉をほとんど頂かない私ですが
フランスにきたら、肉食女子になってみる。

しかも、日本ではほとんど頂けない
ris de veau を。

とっても美味しい。
2種類のソースも濃厚、かつ繊細で素晴らしい。
でも量は、この半分でいい。(笑) 

ボジョレーの赤ワインと共に、
ワンプレート・ランチ。

このお店がある"ポワソニエール通り"界隈は
これまで、私はあまり出没することはなかったけれど
近年、話題のお店が続々とオープンしている
注目のストリートだそう。

c0138180_17495677.jpg


c0138180_17513624.jpg

お目当てのこちらのパティスリーがあったり・・
(別記事に詳しく掲載します)

c0138180_17515499.jpg

おしゃれなイタリアンがあったり・・

c0138180_17521748.jpg

さらに北に進んでいくと、
こちらも話題の名店「Abri」があったり。

こちらのお店も、外装は驚くほどシンプル。
(工事中とかでは、ないらしい。笑)
でも、人が溢れるほどの大盛況でしたよ。




「Le Richer」


2,rue Richer
75009 paris




[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-18 18:03 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り~レストラン編~ 「Septime」
c0138180_1415277.jpg
© Pâtissière Yuka 

2011年4月のオープン以来、
最も予約が取れないレストランでおなじみの
「Septime」。

パリ行きが決まってすぐに、
日本から、電話やネットやメールで
何度か予約を試みましたが
いつも「Complet (満席)」!!

パリに到着してから電話しても
「Complet (満席)」!!

おぉ・・大人気の噂は間違いない。
ただ・・・きっと・・・なんとかなる。(笑)

予約がとれていないのに、
行きたい当日、お店に直接伺い
にっこり笑顔でお願いしてみました。(笑)

そしたら、あっさり
「カウンター席でよかったら・・どうぞ ♪」と
イケメンスタッフ。

「やった!!嬉しい!!ありがとう!!!」
・・・・ということで、めでたく入ることができました♪

(あ、良い子は真似をしないでください。
この作戦が流行って店のご迷惑になってしまってはいけませんので。)


カウンター席は、私にとって特等席。

なぜなら
高い位置から(笑)お店の全体を見渡せ
どんな人が、どんなお料理を、どんな風に召し上がっているか
さりげなく、勉強できる。

そして、通常
カウンターで飲み物を作っているので
どんなお酒があり、どんな風に作っているのかも
なんとなく、勉強できる。

それに、
お店の方たちともお話できて
いろんな情報も伺える。

c0138180_14182572.jpg

c0138180_14193273.jpg

こちらのお店も、
通り過ぎてしまいそうになるほど
さりげなくシックな外観。

その日のメニュー表が、
中からペタリと貼ってあるだけ。(笑)

内装も、とてもナチュラル。

そんなカジュアルさが
とても居心地が良い。

活気あるお客さんの熱気が
最高のデコレーション。

こちらのシェフ
ベルトラン・グレボーさんは、

三ツ星「アルページュ」を経て
「アガペ」のシェフを努めたのち
独立した若き凄腕シェフ。

ランチのメニューはプリフィックス。
3品で28€ は、お値打ち。

三ツ星レストラン出身シェフのお料理を
このお値段で頂けるなんて。

大人気のはずですね。

c0138180_14545841.jpg

ris d'agneau まわりがカリカリで中はとろ~り
たまねぎのキャラメリゼとポテト
アンショワのソース オゼイユをちらして

c0138180_14592211.jpg

白身魚もふわふわ&しっとり。

身の上にエンガワを塩漬けのようにしたような
(?勝手な解釈)

薄切りの切り身が添えられ
味が締まって最高に美味しい。

赤ワインのソースに、
バターソテーしたクルジェ、フヌイユの葉を添えて。

c0138180_1524632.jpg

c0138180_153238.jpg


これらのお料理に合う白ワインを
ソムリエさんがサービスで出して下さった♪

こちらの白ワイン、
とっても美味しかった!!!

c0138180_1546100.jpg


そして、この美しいピンクの飲み物、
なんだか分かりますか??

c0138180_1554524.jpg

c0138180_1545448.jpg

お食事しながら、カウンター越しに見える
二つの実験瓶・・。

「これ、何?」と聞いたみた。
そしたら・・・
「飲んでみて!」とグラスに入れてサービスしてくれた。

(なんか、いろいろスミマセン;;)

飲んでみてびっくり!
フルーツとハーブの味がする「水」。
アルコールも砂糖も入っていない。
言うなれば、自家製フレーバーウォータ??

作り方も教えてもらっちゃった♪♪
簡単~~だけど、思いもよらない方法!
ナイス・アイデア!だなあ。

(ね、やはり、カウンター席が◎笑)

ちょっと家で試しに作ってみて
成功したら、ご紹介しますね!

c0138180_15101970.jpg

Carafe d'eau (無料の水)も、
空いた可愛いリキュール瓶に入れて出してくれる。
こんな、アイデアも素敵だなあ。

お写真を撮り忘れましたが、
こちらのパンもとっても美味。

「近所の"Landemaine"のだよ。」と
教えてくださいましたよ。

こちらのレストランの
帰りに寄れる距離にある
美味しいパン屋さんです♪

c0138180_15121511.jpg

デセールは、
旬の甘~いアプリコットをそのまま半割り、
旬の生アーモンドをちらし
バターの香り高いサブレを添えて。

アイスは
「Reine des prés (レーヌ・ド・プレ)」という
ハーブのアイス。

このハーブ、
和名では「西洋夏雪草」といい、
消化をよくする働きもあるので
食後のハーブ・ティーやデザートなどに
フランスでは時々使われるのですよ。

生のアーモンドも、この時期ならでは。
初夏になると、マルシェにも並んでいますので、
機会があれば、お試しあれ♪
(皮はちゃんと剥くのよっ)

杏仁を青っぽく爽やかにした感じ・・
と言ったら伝わるかしら。

食感と、この香りが
アプリコットのとても良いアクセントになっていました。

こちらのレストラン、
またぜひリピートしたい!

c0138180_15341589.jpg


Septime

80,rue de charonne
75011 paris
01 45 67 38 29


[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-18 15:44 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「Neige d'été」
c0138180_14242179.jpg
 © Pâtissière Yuka 


パリの超高級ホテル 
ジョルジュ・サンク内のレストラン「ル・サンク」にて
エリック・ブリファール シェフの下で
長く働かれた経歴をお持ちの 
NISHI シェフ。

パリ15区に
ご自身のレストラン "Neige d'été"
をオープンされました。

なんと、オープン初日に
お伺いできる幸運に恵まれました。

いつもお世話になっている
ほぼフランス人のような
お優しいムッシュEさまからのお誘いを頂き、
パリ在住 数十年・・の
素敵なムッシュの方々に混じり
飛び入りで私も同席させていただきました。

(緊張~)

c0138180_14352492.jpg

c0138180_14353164.jpg

パリの隠れ家に
お呼ばれされたかのような
素敵な内装。

白木を基調とした
カジュアル・シックな雰囲気。

c0138180_14362759.jpg


Eさまのおかげで、
シェフからのサービスが♪

味わい深い、
最高に美味しい牡蠣でした。

c0138180_1441223.jpg

あ~~!!
ここでも、希少なバター
Davidさん作
ポンクレのバターに再会♪♪

また会えたね~~!と
かなり多めにパンに乗せて
しっかりとお味を堪能しました。

c0138180_14424810.jpg

生のようで、生でない・・
不思議な火入れの
味わい凝縮サーモン。
素晴らしいです。


c0138180_1445977.jpg

c0138180_14452530.jpg

頂く直前に、
香り高いオリーブオイルをかけてくださる。
このガスパッチョ、濃厚で美味しかったなぁ。

c0138180_14472927.jpg

c0138180_14474178.jpg

お味はもちろんのこと、
こんな器のプレゼンテーションも素敵。

2段重の上の段には、
フォアグラ 甘いとうもろこしと合わせて。

c0138180_14493877.jpg


下の段には鰻。
こちらも、頂く直前に
ブイヨンとあられをかけてくださる。

目の前でお皿が完成するのが
とても楽しく、
またその香りで
美味しさも一層高まり
テンションあがる♪

c0138180_1450666.jpg

こちらもシェフからのサービス♪
立派なオマール・ブルトン。

このあたりから、
私の胃袋が
ギブアップを迎えつつあり、

せっかくお隣の優しいムッシュが
最高に良い部位をくださったのに。。。

残しちゃったのが・・
今では、深い後悔。
夢に出るほど。

(せっかくのお気遣いでしたのに、ごめんなさい・・バター食べ過ぎたっ)

c0138180_1455113.jpg

60日熟成の赤身肉。
かむほどに、味わい深く。

c0138180_15292073.jpg

付け合せの、ピュレ・ド・ポム・ド・テール。

エリック・ブリファール シェフは
ロブションさんのお弟子さんだったので

ロブションさんのスペシャリテのひとつの
このピュレが、受け継がれているのかなあと
勝手に想像しました。

クリーミーな濃厚さがプラスされ、
とっ~ても美味しかったです。


(生徒様方っ!6月のレッスンでご紹介した、「あれ」ですよ!)


c0138180_14585148.jpg

デセールは、旬のメロンと
リキュールのきいたパンナコッタ。

フランスのメロンの甘さと濃い味わい。
ほんと、美味しいなあ。

c0138180_14584929.jpg


c0138180_17154155.jpg


ホワイトチョコレートのケースに
桃とハーブ。

桜色と若草色のコントラストが美しい
和食器のような器も素敵。


c0138180_13282152.jpg

NISHI シェフ。

パリの若き日本人シェフたちのご活躍、
本当に素晴らしいです。

店名の
"Neige d'été" (直訳すると「夏の雪」) とは、

白いバラの名前から、つけたそう。
(名刺にもモチーフとして描かれてる♪)

夏に咲く白いバラが
雪のように見えるからかな。

「夏に雪が降っちゃうくらい、
美味しくてびっくり!」という意味も?

皆様の解釈に任せる・・とのことです。(笑)




Neige d'été

12, rue de l'Amiral Roussin
75015 paris
mail:contact@neigedete.fr
tel:01 42 73 66 66

 

[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-17 17:25 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「ES」
c0138180_12435723.jpg
 © Pâtissière Yuka 

去年の春にオープンしてから
ずっとずっと行ってみたかった大本命、
レストラン「ES」。

お店の外観は、つい通り過ぎてしまうほどの
さりげなさ。
レストランとも、ESとも、
なーんにも書いてない!
こんなセンスもパリっぽい♪

若き日本人シェフの
本城昴結稀 氏は、

パリのアストランス、
日本のカンテサンス、
マルセイユのル・プティ・ニース、
スペインのムガリツ、
コペンハーゲンのノーマなどにて
修行経験をお持ちのシェフ。

(多分、修行時代、どこかでお目にかかったような。)

実は、日本からの予約の電話が
なかなか通じなくて、
ついに予約できないままパリへ到着。

だめもとで電話してみたら、
お席がとれた♪

(勝手にご縁を感じる!嬉)

今回も、
もはや、フランス人のようにパリに暮らす美女
Aちゃんにお付き合いを頂きました。

お店に入ると・・

「あ~~、yukaさん~~!」と、
懐かしい声が!!

なんと、パリ修行時代にご縁を頂き、
ずっと気になりながらも、
ご連絡が取れていなかったyちゃんが、
サービスソムリエとして
ESで働かれていた!!

実に、8年ぶりの再会が
こんなところで、
思いがけずに待っていたなんて ♪

女性らしく細やかな気遣いができ、
お仕事をてきぱきと何でもこなす聡明な彼女、

日本では、あの「カンテサンス」の
立ち上げの際のサービススタッフをつとめ
星の獲得に貢献、

(日本からパリに旅立つ直前に、表参道でお茶したよね~~)

その後、パリに再び渡り、
あの「passage 53」でも
立ち上げスタッフをつとめ
星の獲得に貢献、

そして、パリの5つ星ホテルでも経験をされ、
「ES」にて、
再び星の獲得に貢献・・・

という、素晴らしい経歴をお持ちなのです♪

「あれから、こんなにもがんばったんだね、yちゃんっ・・」
と思うと
もう、食べる前から、涙涙・・・。

ということで、後日、マンダリンホテルにてお茶をし
8年分のガールズ・トークを炸裂したのでした。

(それは、また別の記事で・・)

前置きが長くなりました。

素晴らしいお料理の数々を
ご紹介します。

c0138180_12595529.jpg

夏にぴったり
爽やかなプチ・ポワのスープ。

c0138180_1303481.jpg

c0138180_130399.jpg

大好きな「Puligny-Montrachet 」と。

c0138180_131503.jpg

ホワイトアスパラガスに
本城シェフは、”カルボナーラ”のソースを合わせちゃう。
素晴らしいお味でした。

c0138180_133230.jpg

お魚の焼き加減も最高です♪
アンディーヴとクレソンのソース。

c0138180_134356.jpg

お肉の中で一番好きな「鳩」。
カカオのソースにジロールソテー。
最高でした。

c0138180_1345671.jpg

こちらが、かの有名なバター。

今や、「ボルディエ」のバターを超えると
噂される
バターがあるのです♪

(いや、ボルディエも永遠に大好きですけど。)

それが、
「David Akpamagbo (ダヴィッド・アクパマグボ)」さんが作る
「Ponclet(ポンクレ)のバター」!

この素晴らしいバターを作られるdavidさん、

なんと、名門大学院を卒業され、
将来はビジネスマンになる予定だったた矢先、
ルイ・ヴィトンのディレクター兼事業家だった
ヴァンサン・バスチャン氏の講義を
聴講したことがきっかけで

バターの作り手になることを決意したという
異色の経歴の持ち主。

ダヴィッドさんの母親がブルターニュ出身だったそうで、
その影響で、ブルターニュにて、
最高のバターを作る事を志したそうです。

パリのレストランの中でも、
こちらのバターを使用しているレストランは、
他にあと1つか2つ、あるかないか??
というほど、希少だそう。

このバターのお味を
日本の皆様にうまくお伝えする為、
なんと表現したらよいかしら・・と、
食事中、ずっと考えていた。(笑)

ひとことで言うなら
「濃厚なカスタードクリームの甘さを引いたもの」。

一口で、
ブルターニュ地方のバターだと分かったほど、
濃厚なのに、後味がさらりと軽やかに溶けてゆく・・。

これは、ぜひ、手に入れたい!!!

ということで!

一般入手不可との噂の
こちらのバターでしたが、
入手先をゲットしました♪

(但し、夏場はNGとのことで・・今回は残念・・・
次回は9月から販売とのこと。)

生徒の皆様、
ご興味あられる方は
詳しい販売場所をお知らせしますね!

c0138180_1318393.jpg


そして、こちらのパンも特別なもの。

こちらのパンは
「プージョラン」さんが直々に
契約レストランのみに作る
パン・ド・カンパーニュ。

ある事がきっかけで、
7区にあるプージョランさんのお店のパンは

彼のルセットのみが残り、
別の方が製造&経営へと変わってしまった。
(店名も変更されています。)

多くの方に惜しまれながら、
今は、こうして契約したレストランでしか
彼が本当に作ったパンは味わえないという・・
こちらも貴重なパンなのです。

本当に味わい深い
フランスらしいパンです。
しみじみと・・・大好き。

c0138180_1322930.jpg

フランスは桃が旬♪
パンナコッタと桃のデセールでした。

c0138180_13215032.jpg

プチ・フールも美しく
どれも丁寧に作られている女性的な印象。


ちょうど良い量と軽やかさ。
また、絶対に伺いたいと思う
素晴らしいレストランでした。

Aちゃんとも、
久しぶりに積もる話が沢山できて
幸せだったな♪

毎回、お時間を作ってくださる友人が
パリにいること、
心から感謝です。

本当に、ありがとうね。


「Restaurant ES」

91, rue de grenelle
75007 paris
tel:01 45 51 25 74



[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-17 17:12 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(5)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「Restaurant KEI」
c0138180_11555259.jpg
 © Pâtissière Yuka 

(こちらも、レッスンでは写真付でご紹介しましたが、
ブログ掲載していませんでしたので、復習でご紹介します。)




プラザ・アテネのアラン・デュカス氏の下で
7年働かれた小林圭氏が
2011年3月に
独立してオープンされたレストラン。

私は、オープンして間もなくの
2011年6月にお伺いしました。

写真は、その時のお食事のものです。

(その後、すぐに星を捕られました!!おめでとうございます!!)

今回の旅では、予約が取れず・・。
次回は、必ずリベンジを!と思っています。

c0138180_1275670.jpg


c0138180_1285711.jpg


絵画のように、美しい。
そして、ものすごく美味しいお料理ばかり・・。

c0138180_12104670.jpg


c0138180_12105949.jpg

フランスらしい、熟成肉の赤身。
肉の味わい深さを
存分に味わえる一皿。

c0138180_12113069.jpg


c0138180_12114437.jpg


パリ在住暦の長い、
とてもとても美しい友人が
ご一緒してくれました。

(お隣には、有名人カップルがいらしていましたよ。)

よい思い出は、いつまでも色褪せることなく
よみがえります。

幸せな時間をありがとう♪

Restaurant KEI
5 rue Coq Héron
75001 Paris
tel:01 42 33 14 74


[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-17 17:11 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)
paris 私のお気に入り ~レストラン編~ 「paasage 53」 
c0138180_1174332.jpg
 © Pâtissière Yuka 

(以前にレッスンでは写真と共にご紹介しましたが
ブログには掲載していなかったので
2011年11月に行ったこちらのレストランを、今頃ですが復習です♪)



私のパリ修行時代にご縁を頂き、
今や、フランスを代表する
星つきレストランのシェフとして
大活躍をされている、さとしんシェフ。

c0138180_11103547.jpg

c0138180_1111321.jpg


c0138180_1111977.jpg


c0138180_11121045.jpg

バターはボルディエの2種のバターを。
こんな美味しいバターを教えて下さったのも、
パリ修行時代にシェフたちから。

c0138180_11115828.jpg

シェフのスペシャリテ。
”イカとカリフラワー~白の一皿~"
シェフらしい、大好きな一品。

c0138180_11125030.jpg

セップの香り高いアワアワソースに
ふわふわジューシーな魚。

c0138180_11122858.jpg

シェフからのサービス♪
一見、とてもシンプルなのに
ひと口、頂いたら
「うわ!」と
思わず声が出るほど、美味しい!!
こちらも、すごくシェフらしい一皿。

c0138180_1113168.jpg

中が何か見えない~~~
ほどに、トリュフをかけてくれた♪♪

c0138180_11125193.jpg

ジュヴレ=シャンベルタンをお供に。

c0138180_11134141.jpg


c0138180_11131537.jpg


c0138180_11141391.jpg

c0138180_11135157.jpg

c0138180_11144043.jpg



デセールも、どれも繊細。

今回の旅でも、
「GYOZA BAR2号店」オープン前に伺い
お目にかかれました。

(こちらのGYOZAも絶品ですよ♪
星つきレストランに卸すほどの
最高品質のお肉を
たっぷり使用しているので
餃子というより、上質なソーセージのようです。)



ますます、大活躍の佐藤シェフ、
今後のご活躍も楽しみです。


「Passage 53」
53 passage des Panoramas
75002 Paris
tel : 01 42 33 04 35


[PR]
by yuka_yamaji | 2014-07-17 15:47 | paris パリ ~レストラン~ | Comments(0)



pâtissière-yuka 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ホームページ:
http://www.patissiere-yuka.com

Instagram:
主にインスタやってます♪
 「patissiere_yuka
 follow me ♪
____________

●田園都市線
「たまプラーザ」での
自宅レッスンから

つくばエクスプレス
「守谷」に移転し
ラボを構えました。

オートクチュールガトー
のネットショップ
     &
家庭のキッチンで
一流店の味を・・
をコンセプトに

とびきりの
お菓子レッスン
を主宰しています♪

ご登録いただいた方へ
メールにて
ご案内させて頂いてます。

ご登録のご希望や
お問い合わせは

contactより
どうぞ♪




_________

●当ブログ内の
写真・文章の
無断転載は
ご遠慮下さいね♪

リンクOKです♪
ご自由にどうぞ♪



Copyright©2008-2017
pâtissière yuka.
All Rights Reserved.

 

カテゴリ
Leçon レッスンレポ
P.yuka お菓子アルバム
Haute couture Gâteau
Gâteaux その他お菓子
Stage お菓子留学
Paris パリ ~お菓子~
paris パリ ~レストラン~
Paris パリ ~パン屋~
Paris パリ ~紅茶~
Paris パリ~テーブル~
Paris パリ~アパルトマン~
paris パリ ~お土産~
paris パリ ~チーズ~
Paris パリ ~バター~
paris パリ ~花~
paris パリ ~食材~
paris パリ ~マルシェ~
paris パリ~習い事~
France 地方への旅
Delvaux デルボー
London ロンドン
HongKong 香港
Délicieux グルメ
Thé chinois 中国茶
MONO お気に入り
Journal 日記
Info お知らせ
Merci 頂き物
Beauté 健美食
santé 自然療法
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 09月
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
取引機能で比較
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
オートクチュールガトー
at 2017-12-07 14:47
レッスン日程 ブロンズショコ..
at 2017-10-15 11:38
りんごのタルト&#12782..
at 2017-10-15 11:37
レッスン日程 soirée ..
at 2017-10-15 11:37
りんごのタルトと今後のレッスン
at 2017-10-14 21:22